オンラインカジノの歴史|起源となった1994年から日本で普及し始めるまで

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの起源は1994年~1996年

オンラインカジノの歴史(起源)は1994年にまで遡ります。1994年に、イギリス加盟国の「アンティグア・パーブーダ」という国で、オンラインカジノの運営ライセンスを発行する法律が可決されます。さらに同年、オンラインカジノのソフトウェアを開発する会社「マイクロゲーミング社」も設立されます。

 

そこから2年が経った1996年にオンラインカジノを運営する上で欠かせないオンライン決済セキュリティソフトを開発する「クリプトロジック社」が設立。そして満を持して、同年1996年に世界初のオンラインカジノとなる「インターカジノ」がサービスを開始します。インターカジノは2019年になった今でも継続しているオンラインカジノで、日本語対応もしており、日本人にも人気が高いオンラインカジノとなっています。

 

その後、1998年にジャックポットなど高額賞金が狙える「プログレッシブゲーム」が導入されたり、1999年には複数のプレイヤーが同時に対戦できる「マルチプレイヤーテーブル」が登場したり、カジノゲームもバラエティに富むようになっていきます。

 

日本語対応のオンラインカジノも登場(~2000年代後半)

2000年代前半には日本語に対応したオンラインカジノも登場し始めます。しかし、日本語訳が直訳で読みにくく、多くの日本人プレイヤーを獲得するには至らず、日本におけるオンラインカジノはしばらく低迷した状態が続いていきます。

 

2003年にはeCOGRAという団体が設立され、第三者機関としてオンラインカジノを監視する仕組みも整備が進んでいきます。オンラインカジノの安全性、公平性を担保するための仕組みも整っていくにつれて、不正を行うようなオンラインカジノは自然淘汰されるようになり、健全運営されているオンラインカジノの運営会社はクリーンなイメージを持たれるようにもなっていきます。

 

そのような中で2000年代後半を迎え、しっかり日本語対応を行うオンラインカジノも増えるに伴い、少しずつ日本でもオンラインカジノが普及していきます。

 

スマホで遊べるオンラインカジノの登場(2010年~)

それまでオンラインカジノはパソコンにソフトをインストールしてプレイするものが一般的でしたが、2010年にはスマホやタブレットでダウンロードせずに遊べるオンラインカジノも初めて登場します。これが一つの契機にもなり、世界的にオンラインカジノで遊ぶ人が増えていきます。オンラインカジノの歴史という中では、一つの大きな転換点になったのが2010年と言えます。

そんな2010年に営業が開始されたオンラインカジノの1つがベラジョンカジノ(Vera&John)です。ベラジョンカジノはサポートはチャットもメールも全て日本語対応が可能と、とにかく日本人に優しいオンラインカジノとして、多くの日本人プレイヤーが今日までプレイしています。

 

オンラインカジノの運営企業の中には上場する企業も登場するようになり、海外のスポーツチームでスポンサーを務めたり、とても身近な存在になっていきます。今では世界で4000万人、日本でも50万人を超えるプレイヤーがいると言われています。日本でもカジノ法案の可決によってカジノが身近な存在になりつつあり、オンラインカジノでプレイする人は今後も増えていくことが予想できますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました