オンラインカジノの信頼性|信頼できるオンラインカジノの選び方

オンラインカジノを選ぶなら信頼性重視で

ネットで実際にお金を賭けて遊べるということでユーザーが増えてきているオンラインカジノ。でも、残念ながら全てのオンラインカジノが信頼できて安全というわけではありません。過去には不払いや個人情報の流出、不正などを引き起こし問題となったオンラインカジノもあります。

そこでこの記事では、信頼できるオンラインカジノの選び方として、優良なオンラインカジノを選ぶために特に重要なポイントに絞ってお伝えしていきます。

 

EU系のライセンスを持っている

まず最低限の基準になるのが、オンラインカジノ運営のために必要な優良ライセンスを保持しているかということです。ライセンスはオンラインカジノを合法的に運営するために必須で、政府およびそれに準ずる機関によって発行されています。ライセンスを持っていないオンラインカジノは違法運営なので論外です。

しかし、ライセンスさえ持っていれば全てのオンラインカジノが信頼できるというわけでもありません。ライセンス発行国の中には、お金さえ払ってくれればライセンスを付与してしまう国もあるからです。ただライセンスを持っているだけではなく、審査が厳しく格式高いライセンスを持っているオンラインカジノを選ばなければいけません。

業界の中でも特に審査が厳しく取得が難しいとされているライセンスがEU系(ヨーロッパ)のライセンスです。イギリス(UK)、マルタ共和国(イギリス加盟国)、ジブラルタル(イギリス領)、マン島などが代表的です。

オンラインカジノの運営ページを確認してそもそもライセンスに関する記述があるのか、そのライセンスはEU系かどうか、というのを信頼できるオンラインカジノ選びの最初の基準として加えましょう。

 

第三者機関による監視を受けている

審査の厳しいライセンスであれば定期的に抜き打ち検査が行われていたり、更新期限を設けていたり、十分に厳格と言えば厳格です。しかし、さらに加えて第三者機関からの監視も受けているオンラインカジノであれば、より一層信頼感が増します。

第三者機関として最も有名なのは2003年に「プレイヤー保護のため」設立された非営利団体のeCOGRAです。eCOGRAの審査は厳しく、一度では合格できないと業界でも評判です。eCOGRAに認定されているオンラインカジノなら安心して遊ぶことができます。eCOGRAによる監視を受けているオンラインカジノとしては、たとえばベラジョンカジノがあります。

 

優良なソフトウェアを使っている

そして、念には念を入れたいならオンラインカジノが提供しているゲームのソフトウェア会社もチェックしておきましょう。もし、提供しているソフトウェアに関する記述が無かったり、オンラインカジノの運営とソフトウェア会社が同じ会社だった場合、もしかしたら不正プログラムで利益をあげているのでは?と疑われてしまっても仕方がありません。

Microgaming(マイクロゲーミング)、NetEnt(ネットエント)、PLAY'nGO(プレインゴー)、playtech(プレイテック)などのソフトウェア会社からゲームの提供を受けていれば、信頼に値するゲームと言っても大丈夫でしょう。

 

まとめ

不払いなどのトラブルやイカサマプログラムを稼働させるようなオンラインカジノは、ライセンスの剥奪、外部機関の監視、世界的なオンラインカジノサイトでの口コミなどによって自然淘汰される宿命にあります。

オンラインカジノの運営企業やソフトウェア会社などは海外で上場している企業もあり、厳しい監視の下、健全な運営を行うことが求められています。不正を働こうものなら市場評価に悪影響が出るため、そもそも不正を行うインセンティブがありません。ライセンス、ソフトウェア、トラブルを起こしていないかなど過去の実績に注目してオンラインカジノを選べばまず安心でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました