ブラックジャックのルールと勝ち方(ベーシックストラテジー)を解説!

ブラックジャック カジノゲームの攻略法

ブラックジャックのルール

ブラックジャックは「プレイヤーVSディーラー」で勝負するカジノでは定番のゲームです。

手札をディーラーより、21を超えない範囲で、21に近づけた方が勝ちです。

シンプルだけど奥が深く、人気のカジノゲームです。

 

ブラックジャックの用語解説

ブラックジャックの基本戦略(ベーシックストラテジー)を見ていく前に、まずは専門用語を軽く勉強しておきましょう。

 

A(エース)

A(エース)は1もしくは11という扱いになります。

J(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)

絵札は10として数えられます。

ヒット(Hit)

カードを1枚引くこと

ステイ・スタンド

カードをこれ以上引かないこと

バースト(Bust)

手札の合計が21を超えてしまうこと

(22以上になるということ)

ブラックジャック(BlackJack)

最初の2枚のカードで21になること

エース(A)と、10、J、Q、Kのいずれか

アップカード

ディーラーに配られる2枚のカードの内、プレイヤーに見えるように表向きにされているもの

ホールカード

ディーラーに配られる2枚のカードの内、プレイヤーには見えないように裏向きにされているもの

 

ブラックジャックの流れ

ブラックジャックのゲームの流れを見ていきましょう。

プレイヤーが複数いると複雑になってしまうので、今回はディーラーとプレイヤーの1VS1を想定して説明させていただきます。

 

まず、ミニマムベット額以上のチップをベットします。

するとゲーム開始となり、プレイヤーに2枚のカードが配られ、その後、ディーラーにも2枚のカードが配られます。

プレイヤーは2枚のカードを見て、ヒットするかスタンドするか決定します。

(選択肢は他にもありますが、ベーシックストラテジーの紹介時に解説します。)

 

ディーラーはプレイヤーが行動を選択した後、決められたルール通りに選択を行っていきます。

つまり、ディーラーには強さは存在しません。

 

ディーラーは、

  • 手札の合計が「16以下」ならば必ずヒット
  • 手札が「17以上」であれば必ずスタンド

します。

 

このディーラーのルールを知っておくことが、ブラックジャックで勝つためには最重要です!

 

ブラックジャックで勝つために大切なこと

ブラックジャックで勝つために大切なことは、「ディーラーに勝つこと」です。

 

「???」

 

と思った方もいるかもしれません。

別のいい方をすると、手札を21に近づけることが目的ではないということです。

 

手札を21に近づけようとしたあまり、バーストしてしまえば即負けが決定してしまいます。

(ディーラーはプレイヤーがスタンドしてから行動するので、プレイヤーが勝手にバーストしたら何もせず勝つことができます。)

逆に自分の手札が低くても、ディーラーがバーストすればプレイヤーの勝ちです。

 

  • 自分がバーストしないこと
  • ディーラーがバーストする可能性(アップカードを見て)

 

ベーシックストラテジーを細かいところまで頭に叩き込まなくても、この2つを考えられるようになるだけでも、ブラックジャックの勝率は上がります。

 

ブラックジャックのベーシックストラテジー

それでは、ブラックジャックの基本戦略とも言える「ベーシックストラテジー」を見ていきましょう。

慣れない内は、このベーシックストラテジーに添ってプレイするだけでも勝率を高めることが出来ますよ。

 

自分の手札が11以下なら必ずヒット

最初に配られた2枚のカードの合計が11以下の場合、ヒットしてもう1枚カードを引いてもバーストすることはありません。

よって、ヒットすることで手札を21に近づけることが可能になります。

自分の手札が12以上になって初めて、ディーラーのアップカードを見ながら次の選択を決めていくことになります。

 

ディーラーのアップカードが6以下ならスタンド

ディーラーのアップカードが6以下の場合、ホールカードが10または絵札だとしても、ディーラーの手札の合計は16以下となります。

したがってディーラーはさらにもう1枚ヒットしなければならないため、それだけバーストする可能性が高くなります。

ディーラーがバーストすればプレイヤーは自動で勝ちとなるため、自分がバーストするリスクを冒す必要性はありません。

スタンドしてディーラーのバーストを期待しましょう。

 

ディーラーのアップカードが7以上ならヒット

ディーラーのアップカードが7以上の場合はヒットが基本戦術です。

ブラックジャックでは10と絵札は「10」として扱われるため、最も出やすいカードは「10」ということになります。

ディーラーのホールカードが10または絵札で「10」扱いとなる可能性は高く、そうなるとディーラーは17以上の手札となります。

自分が16以下の手札だと負ける可能性が高まるということです。

だから、自分の手札が「ディーラーのアップカード + 10」未満ならヒットを考えなければいけません。

とはいえ、自分がバーストしてしまうと即負けとなってしまうので、実際にヒットするかどうか?

ここは腕の見せ所で、個性が出るところだと思います。

 

たとえば、ディーラーのアップカードが9で、自分の手札の合計が18のときなどは、ヒットしてもバーストする危険性が高いですよね。

同じように自分の手札が15、16などの時も、バーストする可能性が高いと感じたらスタンドを選択しましょう。

自分がバーストしないことが何より大切です。

 

A(エース)が配られたらヒット

A(エース)は状況に応じて1もしくは11として扱うことが出来ます。

したがって、最初に配られた2枚にA(エース)があった場合、ヒットしてもバーストすることはありません

※10または絵札とA(エース)の場合はブラックジャック。

 

9とA(エース)だった場合、10扱いにもできるため、もう1枚ヒットしてもバーストすることはありませんよね。

(この場合、Aを11扱いとすることで手札は20と強力なので、スタンドも有力な選択肢です。)

自分の手札がディーラーの「アップカード + 10」以下の場合、21に近づけるためにヒットという考え方で良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました