ベラジョンカジノに「ジャパニーズルーレット」登場!日本人ディーラー相手は違法?

ベラジョンカジノについて

ベラジョンのカジノパリにジャパニーズルーレット登場

2019年12月下旬にベラジョンカジノのカジノパリ(EvolutionGaming)に日本語対応のライブルーレット「Japanese Roulette(ジャパニーズルーレット)」がオープンしました。

日本人ディーラーがチャットを拾ってコミュニケーションを取ってくれて、予想以上に盛り上がります。人の会話を見ているだけでも楽しいです♪

 

最低ベット額は$1、最高ベット額は$2000

 

ハイローラー向けというわけではないので、誰でも気軽に参加できるのが良いところです。

今までも日本語対応のライブカジノゲームは他のオンラインカジノでもあったんですけどね。

ついに日本人ディーラーのライブカジノが登場したかという感じです。

日本語ルーレットの導入は、オンラインカジノブーム、ベラジョン人気の起爆剤になるかも!

 

↓今ではすっかり人気ゲームに↓

>>ベラジョンの公式サイトへ<<

 

ジャパニーズルーレットは違法?

オンラインカジノで長くプレイしている方の中には、日本人ディーラーと聞いて「スマートライブ」事件を思い出す方もいるかもしれません。

これは、日本人ディーラー相手に遊んでいた3人のプレイヤーが逮捕された事件です。

スマートライブ自体は海外で合法運営されているオンラインカジノだっただけに業界衝撃の事件だったことを今でも覚えています。

 

日本人専用のプレイ環境があったことで、「胴元は実質日本にいる」と見なされ、警察が個人情報を特定できた3人のプレイヤーを逮捕した事件です。

 

「Japanese Roulette(ジャパニーズルーレット)」は明らかに日本人向けの環境なので、スマートライブ事件から考えると、逮捕されるのではないか、と不安になりますよね。

 

しかし重要なのはスマートライブ事件の結末です。確かに3人の内2人は自ら罪を認め、略式起訴を受け入れたことで有罪となってしまいました。

しかし、スマートライブ事件において残る1人が裁判までしっかり争い「不起訴」を勝ち取りました。つまり、違法ではないということです。

 

この前例があるため、警察側の視点に立つと、おそらく「Japanese Roulette(ジャパニーズルーレット)」で遊んでいることを理由にプレイヤーを逮捕しても、裁判まで持ち込まれると不起訴になってしまうため、こじつけでプレイヤーを逮捕することは考えにくいと言えます。

そういった前例も知った上でオンラインカジノ側も2019年末になって「Japanese Roulette(ジャパニーズルーレット)」を導入したと思います。

絶対に大丈夫とは言い切れないのが辛いところですが、すでに多くのプレイヤーが遊んでいるので大丈夫だと考えても差し支えないと思います。

 

■スマートライブ事件の詳細はこちらの記事で解説しています。

オンラインカジノで逮捕→不起訴(無罪)を勝ち取ったスマートライブカジノ事件の詳細
オンラインカジノ「スマートライブカジノ」の日本人プレイヤーが逮捕され裁判の結果不起訴となった事件についての詳細を掲載しています。今後のオンラインカジノ選びや、安心安全にプレイするためのポイントも紹介しています。

 

コメント

\今、在宅で遊べると話題に!/
ベラジョンカジノ
\在宅で遊べると話題!/
ベラジョンカジノ
タイトルとURLをコピーしました