ベラジョンカジノの回収モードの存在:不正ソフトで勝てないのか

不正のイメージ画像 ベラジョンカジノについて

ベラジョンカジノは回収モードがあるのか

ベラジョンカジノで遊んでいると、

 

「急に勝てなくなったように感じる」

「ベット額を大きくしたら絶対に負ける」

 

そんな風に感じて、回収モードがあるように思えてしまうことがあります。

(ベラジョンカジノだけではなく、どのオンラインカジノ、どのギャンブルでもありますが。)

 

回収モードの存在を疑い始めてしまうと、安心してプレイすることも出来なくなりますよね。

ベラジョンカジノには回収モードはあるのか、考えてみましょう。

 

ライセンス発行国が監視している

ベラジョンカジノが取得していたゲーミングライセンス「MGA(マルタ・ゲーミング・オーソリティ)」は、特に審査が厳しいことで評判でした。

公正なカジノソフト、サーバーなどが抜き打ち検査でチェックされていて、ライセンス取得後の維持費用も高額で、更新時には再審査もあります。

 

MGAを取得しているオンラインカジノが回収モードの設置など不正を行えば、ライセンスの品格にも悪影響を及ぼします。当然、イカサマはライセンス剥奪の対象となります。

ライセンスだけで絶対に大丈夫とは断言できなくても、MGAの所有は1つの信頼の証と言えました。

 

ライセンスがキュラソーに変わりました

ベラジョンは2020年の2月からライセンスをMGAからキュラソーに変更。

キュラソーはMGAほど厳格ではありませんが、公正なカジノ運営などはしっかり調査されます。

 

ベラジョンがライセンスを変えたことで信頼性に疑問符がついたというよりは、MGAではできないユーザーニーズ(仮想通貨対応など)に応えるための変更であったと解釈しています。

 

回収モード、イカサマソフトは発覚する

オンラインカジノの約25年の歴史の中で、残念なことにイカサマソフトが発覚して閉鎖されたオンラインカジノも実際にあります。不正を働く詐欺サイトがある事実は残念ですが、裏を返せば不正は発覚するということです。詐欺カジノは閉鎖に追い込まれる監視システムがしっかり構築されているとも捉えることが出来ますよね。

ベラジョンカジノは今のところ回収モードの設置やイカサマなどが摘発された前歴はなく、カジノ創設から今日まで健全に運営実績を積み重ねてきており、十分に信頼できるオンラインカジノと言えます。

 

ベラジョンにRNGは操作不可能

カジノゲームに採用されているRNG(乱数生成器)は、ベラジョンが出目を操作することは出来ません。そもそも、カジノゲームはベラジョンカジノではない、専門のソフトウェアプロバイダーが開発しています。たとえば、ベラジョンに提供しているソフトウェア会社は以下の通りです。

 

ベラジョンカジノのソフトウェアプロバイダー一覧

 

これらのソフトウェアプロバイダーにもライセンスの取得が義務づけられていて、勝率、ペイアウト率などの確率は公開が義務づけられていることもあります。

ゲーム会社はオンラインカジノに公正で高品質なゲームを提供することで、業界や市場からの評価を獲得しており、カジノ側と癒着して回収モードが設置できるイカサマソフトを作る理由がない、健全な関係性が成立しています。

 

ベラジョン側に回収モードが不要な理由

オンラインカジノの還元率(ペイアウト率)は95%以上と、日本の公営ギャンブルやパチンコ、パチスロより圧倒的に還元率が高いことが人気の理由の1つです。でも、還元率は100%を超えているわけではありません

つまり、大数の法則が働けば、ベラジョンカジノ側は何もしなくてもハウスエッジで利益を得ることが出来るわけです。あえて不正で回収モードを設置するリスクを取るよりも、健全な運営を続けてプレイヤーを増やして遊んでもらう方が長期的に見てメリットが大きいわけです。

 

負ける人もいればジャックポット大勝ちする人もいるというのがベラジョンカジノで、たまたま自分が資金がなくなるまで負けてしまったとしても、決して回収モードの餌食になったわけではないし、そもそも回収モードなんて存在しないと言っても良いのではないでしょうか。

コメント

\日本で人気ナンバーワン!/
【公式】ベラジョンカジノを開く
\日本で人気ナンバーワン!/
【公式】ベラジョンカジノを開く
タイトルとURLをコピーしました